無印良品の敏感肌用薬用美容化粧水・高保湿タイプを使った結果

MENU

敏感肌用薬用美容化粧水・高保湿タイプを選んだきっかけは?

もともと敏感肌で、花粉症持ちの私。
花粉症は年々ひどくなっていて、ついには肌までかゆくなってカサカサになってきました。

 

そのため保湿を頑張らなきゃ、と思っていたのですが、実は気になっていた肌の症状がもう一つ。「シミ」です。
日焼けには10代のころから気を付けていたのに、20代後半くらいから頬の下あたりに、じーっと見るとなんとなく見えるくらいの、うすーいシミが見え始めていました。
それが、30歳になったころには、はっきり見えるくらいにまで濃く。「これは何とかしないとヤバいな」と思って、美白化粧水を調べていたのですが、美白化粧水は保湿力が弱いという情報もあったので、悩んでいました。

 

ちょうど化粧水がなくなりかけだったので、乾燥肌と美白、両方の効果がある化粧水を探したところ、無印の敏感肌用薬用化粧水の高保湿タイプが出てきました。
少量のボトルもあって、金額的にもそこそこ安かったので、「1本試してダメだったら別のにしよう」くらいの気持ちで購入しました。


敏感肌用薬用美容化粧水・高保湿タイプを使ってどうなった?

化粧水が肌にしみるということはありませんでしたが、ものすごくしっとりした!という感じもありませんでした。
美白効果についても、実感はイマイチ…。

 

テクスチャーは、思ったよりもさらさら。高保湿の化粧水だと、かなりトロッとしている印象だったのですが、だいぶイメージと違いました。
つけてみると、肌がもちもちとする感じはせず、乾燥肌用ではない化粧水をつけているのとあまり変わらない感じです。3回くらい重ね付けして、やっと「もっちりしたかな」という感覚。
そこまでつけても、時間が経つと肌が乾いた感じになってしまいました。
結局、ヒアルロン酸入りの保湿化粧水を買って、一緒に使いました。

 

美白効果のほうは、そもそも考え方が違っていて、無印の美白化粧水に含まれている成分では、すでにできているシミがすぐ消えるわけではないことがわかりました。
どちらかというと、肌の奥にあるシミのもとにアタックして、そのシミのもとが皮膚の表面に出てくる前に薄くしてくれる効果が期待できるものでした。
即効性があるものではないので、50mlを1本使い切っても、目に見える効果が出なくて当たり前。

 

美白効果のほうは、使い続けていれば違いがわかったのかもしれませんが、保湿力がイマイチなのは困りもの。
もう少し高くても、しっかり保湿できる美白化粧水にしようと思いました。